新着情報一覧

【ブログ記事を追加しました】職場の同僚との不貞行為に対して、元夫から、元妻と同僚に300万円の慰謝料請求がなされ、これを半額以下に減額したケース

2020/3/19

依頼者(元妻)は、病気のために体調が優れないことが多く、元夫との性行為の回数が少ない状況でしたが、元夫は、そのような状況に不満を持ち、性風俗店へ通うようになっていました。

依頼者は、そのような元夫の生活態度について、職場の同僚に相談をしているうちに同僚に恋愛感情を抱くようになり、相談相手の同僚と肉体関係を持ってしまいました。

依頼者と同僚との関係は、元夫の知るところとなり、依頼者と元夫は離婚するとともに、依頼者と同僚は、元夫に対して、相応の慰謝料を支払いましたが、離婚後も、依頼者と同僚に対しては、職場に不倫のことを知らされたくなければ、300万円の慰謝料を支払うようにとの要求がなされました。

続きは、以下から

https://ameblo.jp/sugiyamakazuya/entry-12583216941.html